メンバー

主宰・演出家 西村和宏

nishimurakaosyashin
演出家・サラダボール主宰・四国学院大学准教授・
青年団演出部・香川大学非常勤講師・ノトススタジオ芸術監督。
1973年兵庫県生まれ。
香川大学卒業。1999年より川村毅氏が主宰する第三エロチカで俳優として活動。
2002年にサラダボールを立ち上げ、以降すべての演出を手掛ける。
2005年より平田オリザ氏が主宰する青年団の演出部に所属。
青年団若手自主企画として新作を次々と発表するかたわら、アジア舞台芸術祭、大阪短編演劇祭、長野市での市民劇の創作など外部での演出も精力的に行う。
2011年より香川県善通寺市の四国学院大学で教鞭をとり、中四国初となる本格的な演劇コースの立ち上げ・運営を行う。これを機に自身の演劇活動拠点を香川県に移す。2017年からは”拠点四国”を劇団として打ち出し、個人の活動も四国全域に広げる。かがわ文化芸術祭2013主催公演「かがわの演劇 はじめの一歩」、小豆島での島民劇「二十四の瞳」、愛媛松山市での子供向け演劇「アリとネコとキリギリス」など四国内での市民劇創作や高校生・市民向けの演劇ワークショップを多数行っている。子供向け音楽劇から、シェイクスピアや岸田國士などの古典から現代戯曲まで幅広く手がける。


劇作家 鈴木大介

劇作家。東京生まれ。
2002年に行われた劇団ユニークポイントのワークショップをきっかけに劇作を始める。
2005年日本劇作家大会短編戯曲コンクール優秀賞受賞。


俳優 鈴木智香子

1977年東京都生まれ。
早稲田大学第一文学部卒。青年団・サラダボール・(有)レトル所属。
2001年より平田オリザが主宰する青年団に所属。子ども参加型演劇『サンタクロース会議』、『日本文学盛衰史』(第22回鶴屋南北戯曲賞受賞作品)等に出演。2008年〜2016年にかけて、青年団国際演劇交流プロジェクトにて自らがプロデューサー兼俳優として出演した、フランスの演出家ロラン・コロンとオノマトペを使ったボイスパフォーマンス作品を、フランス・東京・京都・兵庫にて上演。アジア舞台芸術祭(2014)では、台湾のダンスカンパニーとの共同制作に出演、「マーチ〜街にまつわる演劇と音楽のライブ」(2017)に参加するなど、活動の幅を広げている。
サラダボールには、東京を活動拠点としていた2007年以降ほぼ全ての作品に出演。2019年、東京に在住しながらサラダボールの劇団員になる。


俳優 横関亜莉彩

1993年香川県生まれ。
四国学院大学卒業。在学中は主に演劇の他、コンテンポラリーダンスを学び、数多くの公演に俳優・ダンサーとして参加。卒業後は大学職員として勤務しながらも「サラダボール」に加わる。主な出演作は2017年『廃墟』(作:三好十郎)、2018年『川底にはみどりの魚がいる』(作:鈴江俊郎)など。


俳優 高橋なつみ


1996年福島県いわき市生まれ。
高校で演劇に出会いダンスや声楽など様々な事に挑戦しながら俳優を志す。2015年に四国学院大学に入学して以降、『動員挿話』(作:岸田國士)や親子向け音楽劇『白雪姫と7人のこびと』等の西村演出の作品に出演。
サラダボール公演には2016年『食と演劇 うどんとか』(作:鈴木大介)、2018年『髪をかきあげる』(作:鈴江敏郎)に参加。2019年サラダボールの劇団員になる。


制作 上田英治