サラダボールとは

演出家・西村和宏が古典戯曲から現代戯曲まで様々なジャンルの作品を上演する場。
座付作家・鈴木大介のシュールな不条理現代劇からシェイクスピア、岸田國士まで、多様な戯曲を扱い、上演ごとに作品の色合いが大胆に変化する。
コメディ色の濃い作品から、歌にダンスのエンタメショー、疾走感溢れる群像劇、言葉の妙を味わう対話劇など、多種多様な作品を生み出す演劇のるつぼ、サラダボール。

2002年に旗揚げ、2006年から青年団内ユニットとしての活動を経て、2011年より拠点を香川県善通寺市に移し、地域社会に根ざした芸術活動・教育活動を行う。2017年、新メンバーを加え、香川・愛媛・高知を巡る劇団初の四国ツアーを皮切りに、「拠点四国」として本格始動。

IMG_1684